この記事をソーシャルブックマークに追加する
この記事をはてなブックマークに登録する この記事を Yahoo!ブックマークに登録する この記事を del.icio.us に追加する この記事を livedoor クリップに追加する Buzzurl newsing it!

交通事故死者数は14年連続減少に


警察庁は5日、2014年中の交通事故死者数(事故発生後24時間以内死者数)を発表した。昨年から260人減少して、4113人だった。交通事故による死者数が前年を下回ったのは、2001年から14年間連続となる。

交通事故の発生件数は57万3465件で、昨年に比べて約5万5000件の減少。負傷者数は70万9989人で、昨年に比べて約7万人減少した。

交通事故死者数が最も多い都道府県は愛知県の204人。ついで神奈川県の185人、千葉県と兵庫県が182人、埼玉県が173人。最も少ない都道府県は、鳥取県の26人だった。

年齢構成別では、交通事故死者数4113人のうち65歳以上の高齢者は半数以上の2193人を占めた。

(2015年1月 6日 編集部 徳永智)

Copyright (C) 2015 JAFMATE Co. Ltd. All rights reserved.