この記事をソーシャルブックマークに追加する
この記事をはてなブックマークに登録する この記事を Yahoo!ブックマークに登録する この記事を del.icio.us に追加する この記事を livedoor クリップに追加する Buzzurl newsing it!

推奨速度で信号通過をスムーズに…栃木県で実証実験


信号の通過をスムーズにして燃費改善や事故防止に役立てるシステムが、今年4月から栃木県で実験的にスタートする。国が後押しする「信号情報活用運転支援システム」。ホンダの研究所がある宇都宮市近郊の5路線を対象に、システムに対応した車両100台で約1年間、公道での実証テストを行う。

信号情報活用運転支援システムは、交通管制のIT化にともない、道路設備と車両を双方向で情報通信によってつなぐことで実現が可能になったもの。信号機は灯火で交通を制御するが、灯火の変更のタイミングを事前に車両に伝えることができれば、車両側はそれにあわせて速度や加減速を調整することができる。速度を維持しても前方の信号が赤で停車することが予め分かるならば、加速せずにアクセルオフによる減速を行うことで燃費を改善することが可能になる。また、赤での停車中に残り時間と発進の予告をドライバーに伝えることができれば、発進での遅れを防止して交通の流れをよりスムーズにすることも可能だ。

車両への情報の送信は、道路脇に設置された光ビーコンをつかって行う。路側機が車両の接近を感知すると、近赤外線によって信号の灯火タイミングなどの情報を車両に送信する。実験車は、受信用の車載器を搭載しており、光ビーコンからの情報に応じて、ドライバーに対して推奨速度やアクセルオフのタイミングなどをナビゲーション画面に表示して知らせる。

ホンダの従業員が使用する車両100台に車載器を設置し、日々の通勤などでの利用データを収集。1年をめどに安全面や環境面、交通流の改善効果を検証し、商品化を目指す。光ビーコンは、すでに全国で5万機以上が設置されているうえ、車両側も光ビーコン対応のカーナビが普及していることから、新しいアプリケーションの更新によって早期のサービス提供が可能になるものと思われる。

(2014年4月 1日 編集部 徳永智)

Copyright (C) 2014 JAFMATE Co. Ltd. All rights reserved.