この記事をソーシャルブックマークに追加する
この記事をはてなブックマークに登録する この記事を Yahoo!ブックマークに登録する この記事を del.icio.us に追加する この記事を livedoor クリップに追加する Buzzurl newsing it!

ホンダ、新型フィットで衝突防止システム対応へ


ホンダは、市街地における追突事故やペダルの踏み間違いによる事故を防止する衝突防止システムを開発、今年発売予定の新型「フィット」に搭載すると発表した。

ホンダが新しく開発した衝突防止システム「City-Brake Active System」は、フロントウインドウ上部に設置したレーザーレーダーにより前走車や障害物を検知するシステム。衝突の危険性が高いと判断すると、ブザーなどで警告を発したり、自動ブレーキやエンジン回転数を抑制するなどで事故を軽減・防止する。

車速が約30km/h以下で走行中に追突の危険性が高いと判断したときには警告を発し、ドライバーが減速操作を行わなかった場合には自動ブレーキを作動させる。また、停止中や車速が約10km/h以下で、前方約4メートル以内に障害物があるにもかかわらず必要以上にアクセルペダルが踏み込まれた場合には、ペダルの踏み間違いと判断し、警告とともに発進を抑制する。

新型フィットの発売にあたっては、衝突防止システムとともにサイドエアバッグやサイドカーテンエアバッグを組み合わせて安全装備を充実させた「Safety Package」を設定する予定としている。

(2013年4月 2日 編集部 徳永智)

Copyright (C) 2014 JAFMATE Co. Ltd. All rights reserved.