この記事をソーシャルブックマークに追加する
この記事をはてなブックマークに登録する この記事を Yahoo!ブックマークに登録する この記事を del.icio.us に追加する この記事を livedoor クリップに追加する Buzzurl newsing it!

ガソリン高止まり…6週連続でレギュラーリッター169円台


資源エネルギー庁が発表した8月11日調査時点でのガソリン小売価格(全国平均)は、レギュラーが169.2円、ハイオクが180.0円だった。先月よりも小幅に値下がりしたものの、依然として2008年9月以来の高い水準となっており、マイカーの利用が最も増える夏休み・帰省シーズンを直撃している。

国際商品先物市場で高騰した原油価格は、8月に入って落ち着きを取り戻しており、直近のピークよりも5%程度の値下がりとなっている。しかし、国内での小売り価格への反映は鈍い。

レギュラーガソリンの価格がリッターあたり160円を超えたのは4月1日調査時点で、すでに3カ月以上が経過している。民主党政権下の2010年度税制改正では、ガソリン価格が3カ月以上160円の高値で推移した場合は、翌月以降の暫定税率分(約25円)を減税するトリガー条項が盛り込まれたが、直後に発生した東日本大震災の復興支援を目的に、同条項は凍結され、トリガー条項が適用されない。このため、ガソリン価格は原油市場の動向に左右されながらも、ここしばらくは160円を超えた高値水準で推移しそうだ。

(2014年8月14日 編集部 徳永智)

Copyright (C) 2014 JAFMATE Co. Ltd. All rights reserved.