この記事をソーシャルブックマークに追加する
この記事をはてなブックマークに登録する この記事を Yahoo!ブックマークに登録する この記事を del.icio.us に追加する この記事を livedoor クリップに追加する Buzzurl newsing it!

新車販売…消費税アップ前の駆け込みが増加


一般社団法人日本自動車販売協会連合会と一般社団法人全国軽自動車協会連合会は3日、1月の新車販売台数を発表した。それによると、登録車(乗用車)の販売台数は前月よりも28ポイント増の26万4278台、軽自動車(乗用車)の販売台数は前月よりも34.9ポイント増の16万9338台だった。4月から消費税が現行の5%から8%にアップされることから、増税前の駆け込み需要が増加しているものと見られる。自動車メーカー及びディーラー各社は駆け込み需要への対応に追われており、人気車種の場合、現時点での契約では3月中の納車が困難なケースも。

一般社団法人自動車工業会が先月発表した今年の自動車国内需要見通しでは、増税による駆け込み需要の反動と消費意欲の低下で、登録車(乗用車)は9.1ポイントの減少、軽自動車(乗用車)は13ポイントの減少を見込んでいる。

(2014年2月 4日 編集部 徳永智)

Copyright (C) 2014 JAFMATE Co. Ltd. All rights reserved.