この記事をソーシャルブックマークに追加する
この記事をはてなブックマークに登録する この記事を Yahoo!ブックマークに登録する この記事を del.icio.us に追加する この記事を livedoor クリップに追加する Buzzurl newsing it!

日産、無人自動駐車システムをお披露目…2015年に実用化【CEATEC 2012】



特設ブースでの無人自動駐車システムのデモンストレーションの様子。手前のリーフは出庫途中。歩行者用横断歩道の前で一時停止している。

日産自動車が、電気自動車「リーフ」をベースに、自動で駐車を行う無人システムを開発、千葉県幕張で開催中のエレクトロニクス展示会「CEATEC JAPAN 2012」の会場でお披露目した。

無人自動駐車システムは、スマートフォンと連携し、ドライバーの指示に基づいて、車両が自律的に駐車作業(入庫・出庫)を行うもの。車両に搭載された全周囲カメラで撮影した周辺状況を認識し、次世代高速通信LTE回線によってクラウドサーバから得た駐車場の詳細情報と照合して、自ら駐車スペースを探して駐車したり出庫したりする。

会場内に特設されたブースには、無人自動駐車システムに対応した2台のリーフ(NSC-2015)が用意され、デモンストレーションが行われた。係員がリーフから降りてスマートフォンを操作すると、無人のリーフはスルスルと動きだし、右左折の際にはウィンカーを、停車時にはハザードを点灯させながら自動で走行。駐車スペースに停車した。次いで、出庫のときは、駐車スペースから離れた場所にいる係員の元へ。係員がスマートフォンを操作すると、入庫のときと同じようにリーフは自動で駐車スペースから動き出して、指定場所までやってきた。また、駐車中はセキュリティシステムを起動し、車載カメラで異常を検知するシステムにも対応。犯人に扮した係員が工具で車両に触れると、異常を検知したリーフは、ハザードで警報するとともにスマートフォンにメッセージを送信した。

この無人自動駐車システムは、昨年の東京モーターショーでコンセプトとして発表していたもの。自動運転中は歩行者や他車の存在などにも対応しており、安全に走行することができるように設計されている。“2015”のネーミングで明らかなように、3年後の実用化を目指すとしている。世界各国で開発が進められている自動運転システムでは、環境認識のためのレーザレーダーや高精度GPSシステムなどの装備が不可欠だが、今回、日産が開発したシステムでは、すでに市販車で採用されている技術がベースとなっており、実用化と普及への敷居が低いのが特徴といえる。

(2012年10月 3日 編集部 徳永智)

Copyright (C) 2014 JAFMATE Co. Ltd. All rights reserved.