この記事をソーシャルブックマークに追加する
この記事をはてなブックマークに登録する この記事を Yahoo!ブックマークに登録する この記事を del.icio.us に追加する この記事を livedoor クリップに追加する Buzzurl newsing it!

渋滞を引き起こす走り方を正してくれる!?…ホンダが支援システムを開発


渋滞を引き起こす走り方をしてませんか?…ホンダは、渋滞を引き起こす走り方を判定し、ドライバーに注意喚起を行うシステムを開発。5月から海外で実証実験に乗り出す。

渋滞発生の要因は多岐にわたるが、いわゆる“自然渋滞”のメカニズムは、前走車の速度低下が後続車に伝搬、徐々に増幅していき、最後には停車してしまう…というもの。主に上り坂などのサグ部と呼ばれる渋滞発生ポイントで多く発生するが、ホンダでは前走車の走り方自体も渋滞発生の起因となることに着目。渋滞につながりやすい走行パターンを抽出し、加減速の仕方によって後続に渋滞発生を引き起こす恐れがある場合、カーナビの画面などでドライバーに注意を促すシステムを開発した。

東京大学先端科学技術研究センターと共同で、この技術を応用したシステムで実験をしたところ、実際に後続車の平均車速が約23%、燃費が約8%向上するという結果が得られたという。将来的に車速・車間距離保持装置と連動して自動で制御を行うことで、ドライバーが意識することなく、渋滞を抑制する走行ができるようなりそうだ。

(2012年5月 7日 eJAFMATE編集部 徳永智)

Copyright (C) 2014 JAFMATE Co. Ltd. All rights reserved.