この記事をソーシャルブックマークに追加する
この記事をはてなブックマークに登録する この記事を Yahoo!ブックマークに登録する この記事を del.icio.us に追加する この記事を livedoor クリップに追加する Buzzurl newsing it!

ITSスポットサービス、全国でサービス開始


今年8月までに全国でサービスが始まったITSスポットサービス。震災の影響で延期されていた東北地方でもサービスが開始され、全国展開が始まっている。

東京・汐留にあるカレッタ汐留の地下1階イベントスペースでは、ITSスポットサービスの魅力を伝える展示会が開催されている(〜7日(金)まで)。

3日には展示レセモニーが行われ、松原国土交通副大臣はじめ、関係各者が足を運んだ。

ITSスポットサービスの大きな特徴は、渋滞情報や落下物などの危険物の情報をリアルタイムに受け取れる点や、ETCの利用が可能な点、さらに高速道路のSAやPAでインターネット接続が可能な点などオールインワンのサービスであること。欧米では2010年8月現在で実証実験段階であり、日本が世界に先駆けて提供を開始している。

サービスの利用にはITSスポット対応車載器が必要となる。メーカー各社から続々と対応機器が販売されており、ITSスポット対応カーナビもトヨタでは一部車種にてメーカーオプションとして用意している他、パナソニックや三菱電機など数社から販売されている。

ITSスポット対応車載器は双方向の通信が可能なため、今後は物流での運行データ管理や、地域の町おこし・村おこしにも活用の幅を広げ、向こう5年間で1000万台の普及を目指す。

(2011年10月 4日 編集部)

Copyright (C) 2014 JAFMATE Co. Ltd. All rights reserved.