この記事をソーシャルブックマークに追加する
この記事をはてなブックマークに登録する この記事を Yahoo!ブックマークに登録する この記事を del.icio.us に追加する この記事を livedoor クリップに追加する Buzzurl newsing it!

F1日本グランプリに被災者3000人を招待


10月初旬に鈴鹿サーキットで開催予定のF1日本グランプリに、被災者3000人が無料招待されることが決まった。F1グランプリを運営するFOMのバーニー・エクレストン代表の発案で、鈴鹿の第2コーナー指定席に「バーニーシート」と名付けた3000席を確保、事前申し込みによる抽選で招待する。

招待プランは、決勝戦を観戦する宿泊付きのツアー(Aプラン:200組400名)と、観戦チケットのみのプレゼント(Bプラン:1300組2600名)の2種類。

Aプランは、往復バスと食事(朝2・昼2・夜1)、宿泊がセットになった1泊3日の観戦ツアー。ツアースケジュールは、10/8午後に東北地方を貸切バスで出発し(車中泊)、翌10/9に鈴鹿で決勝戦を観戦後、その日は東京でホテルに宿泊、10/10に東北地方へ戻るというもの。ツアーバスは、盛岡市、仙台市、福島市の発着を予定しており、各発着地までの交通費は参加者の負担となるが、それ以外のツアー参加費やレース観戦はすべて無料となる。

Bプランは、F1日本グランプリ開催期間となる10/7〜10/9の3日間通し券のプレゼント。往復の交通費や現地宿泊費などは参加者の負担となる。

応募方法は、Aプランについては、岩手、宮城、福島の各県の自販連に加盟しているディーラーなどの店頭で9月4日〜11日の間に、Bプランについては、鈴鹿サーキットのホームページから、8月28日10:00〜9月11日23:59の間に応募を受け付ける。

Aプランについては、店頭での応募時に、被災証明書または罹災証明書と免許証などの本人確認書類を提示する必要がある。Bプランについては、応募時に証明書の発行自治体名を入力、当選した場合には当日の来場受付の際に証明書と本人確認書類の提示が必要になる。なお、Aプラン、Bプランともに、2人1組のペア招待となっており、申込者本人が被災者であれば、同行者は被災証明書などの提示は必要ない。

両プランともに、申込多数の場合は抽選となる。当選発表は、Aプランは9月28日までにツアー事務局から郵便等文書にて連絡される。Bプランは9月21日に応募時のメールアドレスに案内の通知を行う。

このほか、無料招待についての詳細は、鈴鹿サーキットのホームページを参照。

(2011年8月25日 eJAFMATE編集部 徳永智)

Copyright (C) 2014 JAFMATE Co. Ltd. All rights reserved.