この記事をソーシャルブックマークに追加する
この記事をはてなブックマークに登録する この記事を Yahoo!ブックマークに登録する この記事を del.icio.us に追加する この記事を livedoor クリップに追加する Buzzurl newsing it!

ITSスポットサービス、3月末から正式にサービス開始


国土交通省は、双方向の無線通信技術を利用した次世代の交通情報サービス「ITSスポット」について、3月30日から、正式にサービス開始する。

ITSスポットは、ETCと同じ周波数帯を用いて、大容量の双方向データ通信機能により行われる運転支援・交通情報サービス。これまでもリアルタイムの渋滞情報の配信はVICS経由で実施されていたが、ITSスポットでは、自車の位置情報を送信できる利点を活かして、進路上で発生した事故や故障車の存在などを直接、カーナビに表示させて注意喚起を行うなど、運転支援の機能にも対応しているのが特徴。首都高速や阪神高速などで先行設置されており、数年にわたって一般モニターによるテスト運用が行われてきた。今回、正式にサービスが開始される。

ITSスポットの情報サービスは、原則、無料で、誰でも利用できる。利用するにはITSスポットに対応したカーナビを車両に設置することが必要。すでにトヨタが純正品としてラインナップしているほか、パナソニックや三菱電機など、数社からITSスポット対応カーナビが販売されている。これから新車やカーナビを購入する予定のある人は、ITSスポット対応カーナビも選択肢に入れると良い。なお、ITSスポット対応カーナビの多くはETCと連携するので、カーナビとともにETCも連動して導入できるのもメリットのひとつだ。

ITSスポットサービスは、当初、3月末から全国一斉にスタートする予定だったが、震災の影響により、東北と関東及び新潟について延期。その他の地域では、予定通り、3月末からサービスが開始される。

(2011年3月28日 eJAFMATE編集部 徳永智)

Copyright (C) 2014 JAFMATE Co. Ltd. All rights reserved.