この記事をソーシャルブックマークに追加する
この記事をはてなブックマークに登録する この記事を Yahoo!ブックマークに登録する この記事を del.icio.us に追加する この記事を livedoor クリップに追加する Buzzurl newsing it!

三菱ふそうがEVトラックを開発、今秋に実証実験をスタート


三菱ふそうが、同社の小型トラック「キャンター」をベースに電気で走行するEVトラック「キャンター E-CELL」を開発、今秋から実証実験をスタートすると発表した。NEXCO中日本の高速道路維持管理用車両として運用する。

三菱ふそうでは、これまでEVトラックの開発を親会社の独ダイムラー社と共同で進めており、欧州で実証試験を行うなど、実用化を進めていた。今回、NEXCO中日本向けに製造した車両は、これまでの試作車と比較して、電気モーターを高出力化するとともに、標識関連電源としても利用するため、駆動用バッテリー(リチウムイオンバッテリー)を大容量化した。充電方式は、日本の急速充電規格であるCHAdeMO方式とともに、磁気共鳴方式のワイヤレス給電にも対応した。

NEXCO中日本では、維持管理車両のEV化に関する研究を三菱ふそうなど数社と共同で進めており、今回の「キャンター E-CELL」は、これらの共同研究における実証実験車両として運用される。

(2013年7月 1日 編集部 徳永智)

Copyright (C) 2014 JAFMATE Co. Ltd. All rights reserved.