この記事をソーシャルブックマークに追加する
この記事をはてなブックマークに登録する この記事を Yahoo!ブックマークに登録する この記事を del.icio.us に追加する この記事を livedoor クリップに追加する Buzzurl newsing it!

HV車同等の燃費性能を持つ!? ダイハツの新型車、9月にお目見え


ダイハツは、今年9月に発売予定の新型車が、ガソリンエンジン車としては世界最高の燃費性能となるJC08モードで30km/Lを達成する見込みであると発表した。これは、ホンダのハイブリッド車「インサイト」(26.0km/L)を抜き、トヨタ「プリウス」(32.6km/L)にも匹敵する燃費性能として、実現すれば文字通りHV車と同等のレベルとなる。

e:Sテクノロジー(“Energy Saving Technology”=低燃費技術)と名付けた、燃費性能改善のための統合技術を採用。エンジンの燃焼効率向上とエネルギーロス低減を極めた新型エンジンを採用するとともに、CVTの改良、車体の軽量化や空気抵抗の低減、アイドリングストップ機能と回生充電などを組み合わせることで、車両全体でエネルギー効率の向上を図った。これにより、従来モデルに比べて約40%の燃費向上を実現できたという。

製品化に際しては、JC08モードで30km/Lと、HV車と同等の燃費性能を達成するとし、誰もが乗れる“第3のエコカー”として提案するという。価格についても、入口価格80万円を切る設定とし、軽自動車のウリのひとつであるコストメリットを前面に押し出して、HV車との差別化を図りたい考え。

(2011年7月20日 eJAFMATE編集部 徳永智)

Copyright (C) 2014 JAFMATE Co. Ltd. All rights reserved.