この記事をソーシャルブックマークに追加する
この記事をはてなブックマークに登録する この記事を Yahoo!ブックマークに登録する この記事を del.icio.us に追加する この記事を livedoor クリップに追加する Buzzurl newsing it!

米GMが新型ビュイックのPHV化を発表


米自動車メーカー大手のGM(ゼネラルモーターズ)が、SUVタイプのプラグインハイブリッド車を再来年の2011年に発売すると発表した。車種は新型ビュイック・クロスオーバー。ハイブリッドシステムは、すでに量産車で採用されている2モードハイブリッドシステムで、新たに大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載し、プラグイン充電に対応することで、EV走行と低燃費走行を可能にする。


フロントデザイン

車両に搭載されるバッテリー

2モードハイブリッドシステムは、電気モーターを2基搭載し、低速時と高速時で使い分けて走行する。エンジンは3.6リッターV6エンジンを予定。燃費はキロメートル換算で12.7km/hと、同クラスのエンジン車に比べて2倍の燃費を達成する。バッテリーは、容量8kwhの韓国LG化学製マンガン系リチウムイオンバッテリーを搭載し、家庭用の110V電源による4〜5時間の充電で、約16km以上のEV走行を可能にするという。

同社は「シボレー ボルト」など、複数の“プラグインハイブリッド車”の発売を来年に予定しているが、これらの車種は基本はEV走行で、バッテリーの量も倍近く、レンジエクステンダー(航続距離延長機能)として小型エンジンを搭載する。ビュイックPHVは、これらの車種とは違い、すでに量産車で採用されているシステムを利用しての簡易型PHVと呼ぶべきもの。再建中の同社にとっては、開発費を抑えることができるメリットがある。同社は今後、同様のラインナップを拡充していくものと見られる。

(2009年8月12日 eJAFMATE編集部 徳永智)

Copyright (C) 2014 JAFMATE Co. Ltd. All rights reserved.