この記事をソーシャルブックマークに追加する
この記事をはてなブックマークに登録する この記事を Yahoo!ブックマークに登録する この記事を del.icio.us に追加する この記事を livedoor クリップに追加する Buzzurl newsing it!

ホンダ、新型ハイブリッドセダン「グレイス」発売



(写真=本田技研工業株式会社)

ホンダから新型ハイブリッドセダン「グレイス」が登場した。5ナンバーサイズのコンパクトセダン。ハイブリッドシステムは、同社のヒットモデルであるフィットHVと同様の新型システム(SPORT HYBRID i-DCD)を採用した。実質的には今年3月に生産を終了したインサイトをリニューアルした後継モデルとして位置づけられるが、燃費は新システムの搭載で大幅に向上し、34.4km/L(JC08モード)とセダンでトップの燃費性能を誇る。

ボディサイズは、全長4440ミリ×全幅1695ミリ×全高1475/1500ミリ。ホイールベースは2600ミリ。昔ながらのセダンのシルエットを活かしたボディラインに、ホンダらしい洗煉されたフロントデザインを採用した。

パワートレインは、従来のIMAを刷新して、性能面・機構面でも市場競争力を高めた1モーター方式の新システムを採用。1.5リッターエンジンに高出力モーターを内蔵した7速のデュアルクラッチトランスミッションで、モーター走行とエンジン走行のそれぞれ得意とする場面で適時切り替えを自動で行うことにより燃費を効率化している。駆動用・回生用に大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載し、モーターのみでのEV走行も可能としている。

インテリアは、上級セダンにも通じる快適性と上質感を狙い、シートの座り心地を改良。また、フロントパネルの形状と発光式のセンターパネルのデザインを新しくすることで、スポーティーな雰囲気を感じさせるつくりとしている。

ラインナップは、「DX」「LX」「EX」の3グレード設定で、それぞれに4WDの仕様が用意されている。5ナンバークラスのハイブリッドセダンで4WDの設定は初めてとのことで、横滑り防止装置やヒルアスタートアシスト機能を標準装備することで、寒冷地や積雪地でも安心して運転できるラインナップ構成とした。消費税込みの車両本体価格は195万円(「DX」FF)〜240万9800円(「EX」4WD)。自動車関係の税金ではエコカー減税100%対象車種で取得税及び自動車税(翌年度分)が免税となる。12月1日から発売が開始されている。

(2014年12月 2日 編集部 徳永智)

Copyright (C) 2014 JAFMATE Co. Ltd. All rights reserved.