この記事をソーシャルブックマークに追加する
この記事をはてなブックマークに登録する この記事を Yahoo!ブックマークに登録する この記事を del.icio.us に追加する この記事を livedoor クリップに追加する Buzzurl newsing it!

日産、2016年末までに高速走行と駐車を自動化へ



日産の自動運転プロトタイプ車。電気自動車「リーフ」をベースに、自動運転に必要なセンサ類やコンピュータなどを搭載している。前後5つのカメラと前後左右5基のレーザースキャナで周囲360度の状況を常に監視し、人工知能によってハンドルとブレーキ等を操作する。ドライバーが運転操作をすることなく、赤信号や渋滞末尾での停止、低速車両の追い越しなどが可能になっている。(写真=日産自動車)

日産自動車のカルロスゴーン社長は、17日、都内で記者会見を開き、同社が進める自動運転技術の実用化に向けたロードマップを明らかにした。今後、4年間にわたって高度運転支援システムを市販車に展開していき、2020年までには一般道でも自動走行が可能な技術を導入するとした。

日産は、人の操作が不要なロボットカーのプロトタイプで、神奈川県内の自動車専用道路をつかった走行テストを実施している。車線内の走行を自動化するシステムや、高速道路で危険回避を行うシステムについては、安全運転支援技術として実用化の域に達しており、人による操作をほとんど必要としない自動の駐車システムとあわせて、2016年末までに市販車へ幅広く導入していくとした。

一般道でも自動走行が可能な技術は、非常に高度な技術が必要とされるが、これらについても早い時期の市販車への導入を目指す。2020年までには、運転手が操作介入することなく、一般道における十字路や交差点の横断を含めた自動走行技術を導入するとした。

カルロスゴーン社長は記者会見で、自動運転技術も含めた次世代モビリティが今後の社会でどのような位置づけがなされるかについての考えを披露。自動運転技術については、巨大都市における渋滞緩和や交通改善に役立つとともに、高齢者にとって自由な移動を確保する点でも必要性が高まるほか、車載システムと外部ネットワークの連携が不可欠になるなどの見通しを示した。

(2014年7月18日 編集部 徳永智)

Copyright (C) 2014 JAFMATE Co. Ltd. All rights reserved.