この記事をソーシャルブックマークに追加する
この記事をはてなブックマークに登録する この記事を Yahoo!ブックマークに登録する この記事を del.icio.us に追加する この記事を livedoor クリップに追加する Buzzurl newsing it!

ホンダ、新型フィットを発売…HVモデルは燃費性能トップに



9月6日に首都圏で開催された貴社発表会で、新型フィットについて紹介するホンダの伊東社長。

ホンダが同社の主力車種であるコンパクトカー「フィット」をフルモデルチェンジ、9月6日から発売を開始した。3代目となる新型フィットは、これまでのフィットの特徴である優れた居住性を継承しつつ、燃費と走行性能を向上させた。特に燃費は、ハイブリッドモデル(HV)で新設計のシステムを採用することで、ガソリンHV車でトップの燃費性能である36.4km/L(JC08モード)を実現した。

フィットは、2001年に登場して以来、国内外で487万台を販売しているホンダの主力車種。国内市場だけでも200万台を販売している。センタータンクレイアウト方式を採用し、コンパクトカーながら余裕のある居住性を実現した優れたパッケージが評価されている。今回のフルモデルチェンジに際して、ホンダはフィットを、普遍的価値を実現する“四輪車のカブ”として位置づけ、そのブラッシュアップを図った。

新型フィットのデザインは、スポーティーなホンダのイメージを強く打ち出したものとなった。ボディサイズは、全長3955ミリ×全幅1695ミリ×全高1525ミリ、ホイールベースは2530ミリ。先代に比べて全長で55ミリ、ホイールベースで30ミリ拡大し、車室内についてはシートなどのレイアウトを見直すことで、前席の相互間隔を20ミリ拡大し、後席の前後空間も80ミリ拡大することで、乗員の居住性を向上させた。

もっとも注目されるのは、HVモデルの燃費性能。新開発のHVシステム「スポーツハイブリッド i-DCD」は、新開発の1.5リッター直噴エンジンに、最高出力22kW・最大トルク160N・mの高出力モーター1基を内蔵した7速のデュアルクラッチトランスミッションを組み合わせたもの。走行状況に応じてエンジンとモーターを接続・切断することで、モーターのみのEVドライブ、エンジンとモーターのHVドライブ、エンジンのみのエンジンドライブという3つの走行モードを、効率のよい形で自動で選択する。回生充電用のバッテリーには大容量のリチウムイオンバッテリーを採用し、これまでのIMAシステムに比べて35%以上の燃費性能向上を実現した。燃費は36.4km/L(JC08モード)で、ライバル車種であるトヨタ「アクア」の35.4km/L(JC08モード)を抜いた。

ラインナップは、エンジンの排気量別に「13G」と「15X」、スポーツモデルの「RS」にHVモデルの「HYBRID」の車種にそれぞれパッケージ対応することで19タイプとした。価格は126万5000円(13G/1.3L CVT FF)〜193万円(HYBRID Sパッケージ/HV FF)。HVモデルは163万5000円から。すでに予約注文で2万5000台の受注を受けており、ホンダでは、最終的に新型フィット販売の約7割をHVモデルが占めることになると予想している。

(2013年9月 6日 編集部 徳永智)

関連サイト

Copyright (C) 2014 JAFMATE Co. Ltd. All rights reserved.