この記事をソーシャルブックマークに追加する
この記事をはてなブックマークに登録する この記事を Yahoo!ブックマークに登録する この記事を del.icio.us に追加する この記事を livedoor クリップに追加する Buzzurl newsing it!

ホンダ、新型「アコード ハイブリッド」を発売



(写真=本田技研工業)

ホンダの「アコード」が還ってきた――ホンダが新型「アコード ハイブリッド(アコードHV)」を発売する。アコードとしては6代目、HV専用モデルとして発売される。日本市場では、ホンダにとって唯一の上級セダンモデルとしてラインナップに加わる。

ボディサイズは全長4915ミリ×全幅1850ミリ×全高1465ミリ、ホイールベースは2775ミリ。北米仕様のミッドサイズセダンのサイズを引き継いだ。フロントデザインは、大開口グリルに大きめのバンパー、切れ長のLEDヘッドライトで、アコードらしさを引き継ぐ。一方で、サイドラインは空力特性と上級セダンらしいラインを採用した。

注目されるのは新開発のHVシステム「SPORT HYBRID i-MMD」。エンジンは水冷直列4気筒の排気量2.0リッターを採用。これに走行用モーターと発電用モーターの2つのモーターを内蔵したエンジン直結クラッチ付きの電気CVTと小型で大容量のリチウムイオンバッテリーを組み合わせることで、走行シーン毎にエンジンとモーターの駆動とクラッチのつなぎ替えでエネルギー効率を高めるシステムを採用した。燃費は30.0km/L(JC08モード)とし、上級セダンにもかかわらず“第三のエコカー”軽自動車にも負けない省燃費性能を実現した。

ラインナップは、「LX」「EX」の2タイプで、価格はそれぞれ365万円(LX)、390万円(EX)。6月21日から発売を開始する。

(2013年6月20日 編集部 徳永智)

Copyright (C) 2014 JAFMATE Co. Ltd. All rights reserved.