この記事をソーシャルブックマークに追加する
この記事をはてなブックマークに登録する この記事を Yahoo!ブックマークに登録する この記事を del.icio.us に追加する この記事を livedoor クリップに追加する Buzzurl newsing it!

光岡自動車、三輪トライクEV「雷駆-T3」を発売



都内における記者発表後、「雷駆-T3」とともに笑顔で報道陣の撮影に応える光岡自動車の光岡進会長(写真右)。

光岡自動車は、三輪トライクの電気自動車(EV)「雷駆-T3」を、10月18日から発売開始すると発表した。

「雷駆-T3」は、2人乗りの前席に後部キャリアを備えた三輪トライク。最大積載量は乗員を除いて100kg。宅配などの市街地における利用を想定して、原付二種(最大積載量60kg)と軽自動車(同350kg)の中間に位置する積載車両として開発した。法令上は側車付二輪自動車(250cc以下)に該当するため、車検や車庫証明が不要、ヘルメットの着用義務もないといった、比較的ゆるやかなルールでつかうことができる“まちの小さなはたらくクルマ”だ。

駆動方式はリチウムイオンバッテリーと電気モーターによるEVで、最高速度は50km/h、一充電の航続距離はベースモデルで約40km、上位モデルで約60kmとなっている。後輪駆動方式で、重量のあるバッテリーを車体後部に設置したことで安定感が増し、三輪のイメージとは逆に旋回性能にもすぐれた小回りのよさを実現したという。

フロントスクリーンの有無と駆動用バッテリーの容量(2.9kWhで航続距離約50km、4.3kWhで同約60km)で、4つのグレード設定をしている。価格は、フロントスクリーンなしの2.9kWhモデル(「S」)で129万5000円。申請により国の補助金が最大30万円受けられる。

* * *

「デザイン重視の格好良いクルマだけを売るのではなくて、社会の役に立つクルマも売りたかった」。

発売に先立ち都内で記者会見を行った光岡自動車の光岡進会長は、「雷駆-T3」を発売するにいたった理由をこう語る。

市街地の宅配で取り回しのしやすいボディサイズにちょうどよい積載量。それにEVならではのクリーンさと静粛さ。これらを兼ね備えた「雷駆-T3」は、これまでになかった商用車だ。それゆえ、型式認定を取得して発売にこぎつけるまでは、相当の苦労があったという。

というのも、法令上は側車付二輪自動車に該当しつつも、法令は乗用のみを想定していることから積載量の規定がなく、100kgの最大積載量は光岡が提案した。また、補助金の対象車種としても当初は簡単には認めらず、何回もの折衝の末、“30万円”の補助金額を勝ち取ったという。

「雷駆-T3」のボディデザインは、これまでの光岡の路線からほど遠いもの。これも街中を走ったときに“ミツオカ”ではなく導入先の企業名がイメージされるように、また、女性にも受け入れられやすいように、という考えからだという。

光岡では「雷駆-T3」を、当面は大阪周辺の企業を対象に50〜100台を販売し、来年度からは年産1000台を目標にする。小口配送からEVを普及させたいという強い想いを載せて、ユニークで小さなEVが走り出す。

(2012年10月17日 編集部 徳永智)

Copyright (C) 2014 JAFMATE Co. Ltd. All rights reserved.