この記事をソーシャルブックマークに追加する
この記事をはてなブックマークに登録する この記事を Yahoo!ブックマークに登録する この記事を del.icio.us に追加する この記事を livedoor クリップに追加する Buzzurl newsing it!

トヨタ、HVレーシングカーでWEC参戦へ



「TS030 HYBRID」と1号車のドライバー。(写真=トヨタ自動車)

トヨタは、2012年のFIA世界耐久選手権(WEC)に、ハイブリッド車(HV)で参戦すると発表した。WECへのHVモデルでの参戦は初めて。

現在、テスト中の車両は「TS030 HYBRID」で、市販車で採用されているHVシステムをベースにレーシング仕様で開発した「THS-R」。エンジンは、排気量3.4リッターV8エンジンを採用。蓄電器は電池ではなく、新たに日清紡ホールディングスと共同開発したキャパシタを採用した。

シャシーは高強度で超軽量のカーボンファイバーを採用したものをトヨタ自身で開発、車両の組み上げもトヨタが行った。今月初旬にフランスで試運転を行って完成している。

レースへの参戦は2台体制で、1号車のドライバーには、アレックス・ブルツ、ニコラス・ラピエール、中嶋一貴を内定、2号車のドライバーを現在検討中という。

「TS030 HYBRID」は、5月5日に開催されるWEC第二戦スパ・フランコルシャン6時間レースでデビューする。

(2012年1月25日 eJAFMATE編集部 徳永智)

Copyright (C) 2014 JAFMATE Co. Ltd. All rights reserved.