この記事をソーシャルブックマークに追加する
この記事をはてなブックマークに登録する この記事を Yahoo!ブックマークに登録する この記事を del.icio.us に追加する この記事を livedoor クリップに追加する Buzzurl newsing it!

光岡「ライク」、廉価版をラインナップ



マイナーチェンジした光岡「雷駆(ライク)」

光岡自動車は、電気自動車「雷駆(ライク)」をマイナーチェンジして8月26日から発売を開始した。今回のマイナーチェンジは、ベース車両となる三菱「i-MiEV(アイミーブ)」の改良に対応したもの。電池容量を少なくして価格を下げた廉価版を新たに追加したほか、装備を変更するなどした。

一充電による走行がJC08モードで180km可能な「G」グレードと、120km走行可能な「M」グレードの2モデルのラインナップとした。「G」グレードが従来モデルに対応するものだが、新たに横滑り防止装置(ASC)や前席シートヒーター、カーナビ機能を搭載したマルチエンターテイメントシステムなど、以前はオプション対応だったものを含めて標準装備とするなど、性能や装備の向上を図った。なお、アイミーブに比べて乗車定員を5名に拡大する改造は従来通り。2モデルともに5名乗車の登録車(普通車)となっている。

価格は、「G」グレードが410万円(税込み)、「M」グレードが290万円(同)。国の補助金を申請すると、「G」は96万円まで、「M」は72万円もしくは74万円の補助が受けられる。

(2011年8月30日 eJAFMATE編集部 徳永智)

Copyright (C) 2014 JAFMATE Co. Ltd. All rights reserved.