この記事をソーシャルブックマークに追加する
この記事をはてなブックマークに登録する この記事を Yahoo!ブックマークに登録する この記事を del.icio.us に追加する この記事を livedoor クリップに追加する Buzzurl newsing it!

スズキから8人乗りミニバン 新型「ランディ」登場


スズキは3列シート8人乗りのミニバン、新型「ランディ」の販売を開始した。2007年に初代が登場して以来、初のフルモデルチェンジ。なお、同車は日産「セレナ」のOEMモデルとなる。


スズキ 新型「ランディ」

フロントグリルに水平基調の大型メッキグリルを採用し、スズキのエンブレムを配置。リヤコンビランプに透明感のあるスポーティーなものを採用している点などがセレナとの大きな違い。先代からは、Aピラーの三角窓を広げて、側方視界を確保するなどの改良が加えられた。


インテリアは、先代より室内長、室内高を広げ、ゆったりとした室内空間を実現。スライドドアの開口部も拡大し、乗降性を向上している。また、ステアリングより高い位置にメーターを置く「マルチグラフィックアッパーメーター」を採用し、運転中の視線移動を少なくしたり、サードシートの格納位置を低く抑えて運転席から斜め後方の視界を確保したりと、細部で使い勝手の向上が図られた。

パワートレーンは2.0L DOHCエンジンとCVTが組み合わされ、駆動は2WDと4WDがある。また、セレナでも話題となったECOモーター式のアイドリングストップシステムを搭載(一部オプション)しており、スイッチを押すだけで環境に配慮した走行チューンが呼び出せるECOモードの装備などで、燃費はクラストップの15.4km/L(2WD)を達成。全車エコカー減税の対象となっている。

グレードは2.0Gと2.0Sの2つが用意されており、価格は2.0S・2WDの222万750円〜2.0G・4WDの291万9,000円まで。その他の詳細はスズキのホームページを参照のこと。

(2010年12月22日 eJAFMATE編集部 若松哲史)

Copyright (C) 2014 JAFMATE Co. Ltd. All rights reserved.